時代の終わりに無限の可能性

昨今の国内外での美術の動向としては、絵画表現ではイラストレーションやアニメーション、コミックイラストの分野がクロスオーバーし始め、更にはメディアの進化と共に映像作品、インスタレーション、インタラクティヴアートとその領域を広め、国内では工芸作品も注目を集め始め、美術のジャンルや概念も大きく変化し始めている。 もはや美術とは何かを問うた時に、ジャンルに分けて考察することに意味を成さなくなり始めているのではないだろうか。 本「大阪アンデパンダン」は過去の国内外のアンデパンダン展を改めて見習い、 「無鑑査・無褒賞・自由出品」というアンデパンダン3本柱に「平成生まれ限定」という年齢の制限のみを与した、未来へ向かう新しいアンデパンダン展を開催する所存である。 平成という時代の終わりに、平成という時代に生まれたこれからの日本をいや世界を担う若手アーティストの無限の可能性を、当展で開花させていきたい。

主催 TRI-FOLD OSAKA

応募締切 2018年 10月中旬 ー 12月15日
展示期間 2019年 1月11日   ー  1月26日

展示ギャラリー
アトリエ三月 1月11日(金)〜22日(火)水・木休み
サロンモザイク1月11日(金)〜22日(火)水・木休み
 gikilin.   1月13日(日)〜26日(土)期間中無休

大阪アンデパンダン展は、本展主催TRI-FOLD OSAKAのギャラリーで展示します。 TRI-FOLDは大阪の3つのアートスペースが2018年に開始した活動で、それぞれのフォーマット(アーティストランスペース、カフェギャラリー、コマーシャルギャラリー)を活動の起点とし、次代のアートスペースのかたちのあり方と共に、次代のアートを巡る様々な価値観にも一石を投じる意味を込めて始めました。

大阪梅田 中崎町にあるギャラリー、貸しギャラリー。アーティストランスペース兼酒場。画家の原康浩が運営しています。現代美術、絵画、イラストレーション、立体表現、アウトサイダーアートなど幅広いジャンルの表現を発信します。

応募作家へ

「アトリエ三月はオープンして3年間、様々な表現を発信してきました。ARTや美術に留まらず、アウトサイダーアートや、漫画や音楽と言った様々な表現をする方々のリアルな発表の場として運営を続けてきました。しかしまだまだきっとこんなもんじゃない筈、とやっぱり僕は思うわけです。。平成生まれの皆様、やり残した事はありませんか?平成最後の無艦査、無褒賞のアンデパンダン展にてとんでもない作品に出会えることを楽しみにしています。」

アトリエ三月 原   康浩

〒530-0015   大阪市北区中崎西4-2-9  

sangatsu.net

2017年春にオープンした、ギャラリー、ショップでサロンです。作家との、また作品との出会いの場でありたいと思い運営をしています。この時代ににおいて「豊か」なこととは何かを、アートやクラフトを通して考えています

応募作家へ

「アートには様々な面がありまして、ルールに則り楽しむ知的遊戯だったり、信仰に基づいた聖なるものだったり、歴史のテトリスだったり、技術の高みに登る梯子だったり、救済を求める魂の器だったりするので、アートという言葉は大雑把なのです。アンデパンダンとなるとそのどれでもあり、どれでもなく、真の自由というものがあるとして、それに挑むことが出来る唯一のテーマではないかと考えられます。無謀な皆様にお会い出来るのを楽しみにしています」

サロンモザイク コタニ カオリ

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1-14-11 天神ビル1F

salonmosaic.info

20代〜30代の若手アーティストを取り扱う企画ギャラリーです。絵画、彫刻、立体、メディアアートとジャンルを問わず、時代性と作品の強さを重視し国内外のフェアにも積極的に参加しています。

応募作家へ

「ジャンルは問いません。おもしろいとは何なのかを常に真剣に考え、自分自身と向き合い、「自分の作品が一番おもしろいに決まっている!」と根拠のない自信が揺るがない強さを持つ平成アーティストを期待します。」

gekilin.    飯野 マサリ 

〒530-0047   大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル4F

gekilin.com

© 2018 Osaka Independants - All Rights Reserved